2012年 週刊少年ジャンプ 24号 感想
久しぶりに発売日に感想書くよう。



斉木楠雄のさい難

さいの文字が出なかったorz

それはそれで進めるが今週からの新連載。今までもネタが思いつかないのかちょくちょくとしか出て来なかったが今回からは大きく連載が始まったこの作品。

今回は今まで出て来なかった斉木の両親が登場。昔はバカップルだったが今ではどうしてこうなったという感じに仲が非常に険悪になっている。まぁ、こんな状況でも息子は大切なのでいい人なのだろう。駄目人間なのだろうが。

というかすごい人間だな斉木両親。かなりチートな超能力者でも普通に怖がらずに息子として接しているとか普通にすげぇ。そして斉木自身も無口になったものの力を誇るではなく力ある故に達成感が得られないとんまぁどこぞの安心院さんが掛かってた病気になりそうな感じで良く言えば謙虚、悪く言えば別ベクトル傲慢な性格に育った。まぁ、そこら辺は前からやってた話で斉木がどういう性格か大体分かっているから問題ないと言えようか?

ONE PIECE

イエティ組はやはり強さというか別ベクトルで厄介な連中というべき奴らか。

急に消えたのは跳躍かはたまたパンクハザード内において作られた迷彩兵器なのかどっちなのだろうか?

まぁ、ゾロたち三人組が倒れているが実はおびき寄せようとしたけど実は毒ガスとかブルックが楽器で幻術使ってたから見逃されたというオチな気がしてきたがこれはいかに。んまぁ、相手は直接やりあおうとはせずに虚をついてくる相手だから致し方ないのかな?それだったらやられたふりでもしておびき寄せるか通り過ぎるのを待つ方が厄介はなさそうだがな。

それにしても冒頭表紙にてボンちゃん生存確定していたがどうやってマゼランから逃げ延びたのかな?何処かのブロガーさんがボンちゃんと別れたときの話の最後にドンという効果音がついてあれが演出だけではなくて黒ひげが何かやらかしたのがインペルダウン中に響いてその隙にボンちゃんが逃げたというボンちゃんのマゼランへの感情から見るに絵で見るとある意味感動クラッシャーな図になるのかも。まぁ、あの後はもうボンちゃんは引き寄せる必要性がないからそういう隙があったらものすごい形相で逃げてもなんらおかしいことはないけどね。

銀魂

最後の最後で鈴蘭と爺嫌が会合できたか。思えば今週の話の中に出てきた「俺達ゃ一体何のために戦ったんでしょうねー」というセリフ通りその根幹から話の流れがかなりずれていたがな。まぁ、そもそもやっている題材が銀魂の根幹を揺さぶるものだから仕方ないと言えるし面白いからあんまり気にしてなかったしな。

そしてまだまだ天導衆関連の話は尾を引きそうだ。

そして最後は鈴蘭と六天舞蔵の会合か。ここまで本当に長かったな。

トリコ

先週の三人は千代婆とまさかの竹ちゃん。後の一人は誰か分からないが美食薈なのかな?しかし竹ちゃんはともかくまさか千代婆までもが闇落ち要因とは思わなかった。

それにしても食義にもサイバー流同様闇落ちした奴が使う倫理感から外れた技を使ってそうだ。乗ってきたいろいろと食われている鳥がその片鱗をのぞかせている。

やはり最後の試練は食没に達しない限りはいくら歩いてもシャボンフルーツは現れずか。まぁ、死ぬ間際になって食没するほどの感謝をするとはトリコらしい。

magico

いろいろと書きたい作品があるが時間が押してきたのでこの作品から。

しかしエマの対戦相手は読者にファンサービス精神旺盛だな。まるでZEXALのⅣみたいだ。

そして久しぶりにルーさんが見られるか。それにしてもファウストは付き物が取れたようで何よりだ。

ぬらりひょんの孫

前々から復活していた羽衣狐が復活したが以外にも天海の反応が悪いな。前から感じていた異様な違和感的なものが的中してきたのかな?何というか御門院は一枚岩のようで清明には実は反する運動をしている気がしているというね。

それにしても天海も戦いは苦手なのかどうかは知りませんが雑魚っぽい見た目の割にやることの規模が超でかい。そりゃ日本とほぼ同等くらいの結界作れたら水蛭子同様御門院上位と有行に評されるわけだ。というか白装安倍姓という御門院より上層の奴らがいるがこれは格が違うだけで無く長く生きているからなのからなのかな?そうじゃなく純粋に力さだとしたら白装相当やべぇな。

まぁ、有行はあの若さで奥義っぽい寿命伸ばす技を習得したんだから才能だけだったら御門院全体でトップクラスっぽいしな

追記

BLEACH

そういやぁキルゲは先週で「沈黙は金、多弁は銀」と言うわりには戦闘中に喋りまくるところをツッコミそうなブロガーは多いだろうが何かだかなーと思ってしまうよその傾向。こういう風に喋りまくるのはある種のプライドの高さを表しているという考えをするのは私だけですかね?

そう考えるとことBLEACHに関してはかなり納得できるというか面白いところだと感じさせられますね。んまぁ、逆にそのようなプライドばかり高いキャラしか出してないという批判も出来そうですな。

しかし久しぶりのアヨンの登場ですが異様にかっこよく感じた。まぁ、総隊長にフルボッコされたけど逆にどんくらいボコるかによってキルゲの強さが見えてきそうだ

トラックバック送信先



読書とジャンプ
[PR]
by humat | 2012-05-14 15:05 | ジャンプ感想