週刊少年ジャンプ 2012年 第29号 感想
感想書くのだいぶ遅くなったな。



ONE PIECE

以外にもシザー・クラウンは頑張ってルフィの気を失わせるとは以外。さすがは自然系かつ自分の能力を研いできた(というのは語弊があるか?)だけのことはあるのか。まぁ、最初は圧倒されていたけどね。スライムを操れるということはスライムは悪魔の実絡みの物だということかな?

最後にローが心臓押さえて倒れたが誰なんだろうか?グザンのように見えなくもないがそれだとキャラ的に合いそうにないかな?個人的にはベガバンクを推奨しておこうか。

トリコ

大竹のコンビはスタージュンであったか。まぁ、三虎がああいうなら実質そうなのかもしれないが。

それにしても千代婆は本当に半端ないな。あれで死ぬ直前の瀕死だとはさすが節乃と同等と言うことか。まぁ、あれで互角に戦えていたらスタージュンよりも大幅に強いことになるからそれはそれで問題だな。

黒子のバスケ

結局紫原はバスケが好きだとは公言せずともそのまま続けるフラグは建てられたか。

しかし元・キセキの世代が黄瀬の相手になるのかなとか思ってたが案の定あたってた。色は白じゃなくて灰だったが。ってか結構立って気づいたが白と黒の間とかと言う意味合いじゃなくて今回の灰って火神の火にかけているんじゃないかと思った。そうだとすると灰崎の能力も火神と同じく物凄く高くジャンプする能力かな。

それとキセキの世代の一番の危険人物と言うがおそらく現在の危険人物である赤司とどちらが危険度高いのかな?あっちは悲惨なことにならないこと分かったうえでかもしれないが自分の言うこと聞かなかったら鋏を躊躇無く刺してくる奴だぜ。まぁ、今回の灰崎も氷室とアレックスを凹して首絞めてたくらいのやばい奴だけどね。おそらくこの性格で途中で退部させられたのかもしれないな。

めだかボックス

鰤とめだかどっちが今回掲載順先だっけか?

それはそうとクマーは本当においしいところを掻っ攫いやがる。これだと人気投票の意味が無いじゃないか。球磨川の一人勝ちの勝負の見える戦いになるじゃないか。まぁ、それはかとなくクマーは何であそこにいたんだろうかな?

それにしても最近球磨川が実は天然の主人公でめだかが作られた主人公とか考えている。そして主人公を作る過程でもっとも重要になったのはFate/zeroの遠坂葵みたいな体質持ってんのかと思われるめだかの実の母親でその血を狙ってこの漆黒園(だっけか?)が行われているのかな?


BLEACH

おいおい、卍解奪われちゃったよ。まぁ、戦略としては悪くないがな。あそこまでスムーズに奪えるとは想像外だったし。とまぁ、そんなこんなで相手がどのくらい卍解を使えるかが疑問になるな。

砕蜂とわんこ隊長のとか使いにくそうなものばかり盗まれたから案外マユリ辺りが各々の斬魄刀に封じられた時にどのような仕組で封じているのかを調べる仕掛けをしていた可能性もあるな。奪われたけどね

何というかこれをただの愚行と捕えているのもいるがそれはナンセンスなんじゃないかな?

ぬらりひょんの孫

天海が実は爺だったという展開になったか。これはも実史でも天海は108歳くらいまで生きていたとか言われているから某作家みたいに年取らない人間という記述も見てないし想像できたことのはずだがその発想に至らなかったな。

そして竜二が限界突破しよったな。白髪になっちまってこれは羽衣狐関係無く早死にするよな。無茶しやがって。けどかっこいいぞ。

magico

黒魔女とオズの目的にはシオンと同じらしいがそれでもシオンを低く見ているから何かと見当つかないかな。それにしてもシオンがオズと互角に張り合っているなと思っていることに以外に感じたがシオンって地球一周とかしでかしているからこれくらいがちょうど良いのかもしれないな。

追記
REBORN

ツナが成長していうだとっ!・・・・ってのはともかく一人顔が分からず久しぶりに会ってツナが敬語で話す人物って誰なんだろうかとか思った。ツナが考えているやり方はおそらくは空っぽになったおしゃぶりに炎を再び注入することなのだろうがどのタイミングでそれをやるのかな。

しかし今回のツナはかっこいい。いつも相手側から来ない限り死ぬ気にならなかったが今回は自分から考えて行動するとは今までのツナにはなかった行動でとても面白かったぞ。
[PR]
by humat | 2012-06-20 12:48 | ジャンプ感想