週刊少年ジャンプ 2012年 第32号 早売り感想
アニメのソードアート・オンライン面白れぇな。それに今書いている時は境界線上のホライゾンも控えているので気持ち短めに書きます。追記もしまぁ~す。





タカマガハラ

今回からの新連載。てか読みきりの時とは打って変わって主人公の山本ヤマト(だっけか?)が特殊能力「神業」に目覚めるところから物語がスタート。そして何があったのか知らないが読みきりの時よりもかなりレベルが上がっている気がする。

そして禁書目録の上条さんヘアーではないんだな。これから神業が強くなって完全に覚醒しているとき固有の能力になるのかな?そして右腕を抑えている図はまさしく「おれの右腕がぁ~」というのにすげぇ~近いな。

とまぁ、最終的な感想としてはなかなかに面白い。

トリコ

先週から一気に四獣編に入ったな。正体はグルメ界からくる偏食家のやばい獣四体。

推定捕獲レベル100とあるが普通に100だと食義を身に着けたトリコなら瞬殺できそうなレベルだが実際には倍以上あってもおかしくなさそうな奴らだ。

しかしやはり気になるのは四獣が何故人間のみを喰らうかと言うところかな?やはりこれは昔ニトロが作った対人間用の生物兵器と言う感じになるのかな?しかしマウントタートルはマジでどんくらいでかいのだか。

ONE PIECE

ヴェルゴさんの頬についていたのはハンバーガーの喰いカスだったのか。そして最初の方で街を救った時にはポテトが頬についている辺りヴェルゴさんは外見的な風格とは違って食べかすを頬につけちゃうおちゃめなところがあるようだがところがぎっちょん、ヴェルゴさんはG-5の基地長でその真の正体はジョーカーことドンキホーテ・ドフラミンゴの手下というか相棒と言うかその一味だったと。

なかなかに物語が進んだな。ここでドフラミンゴが深く関わってくるようになるとは。これはたまげたなぁ。

それにしても子供の誘拐って外で遊んでいたら海難事故とは強引な。まぁ、ヤリスギ准将もマジで確認したのだろうが今回は表建てにはG-5とは思えないほど真面目なヴェルゴ中将がその一味というか協力者だから解決しようも無いな。しかしまぁ公務妨害で街に火をつけることも可能なところを見るにG-5は問題児だらけだがかなりの権限が設けられているのかな?そしてそんな問題児でも所属していられるということはそれだけの実力ある連中ということなのか?

そしてローもドフラミンゴの部下であったことも今回明かされたが何処かでローの海賊旗はドフラミンゴのそれと似ているということもどっか書いてあったのを見たことがあるがその通りだったか。

しかしまぁ、ドフラミンゴ側は何がしたくてシーザーに協力しているのかが気になるな。

そしてスライムはサラサラの実を食った有毒ガスらしいがあれはサラマンダーということでいいのかな?

そして錦えもんが研究所にたどり着いてからルフィ・ロー・スモーカーvsヴェルゴさんとシーザーの組み合わせで戦うのか。

今回はこのへんで。明日追記します。

追記

暗殺教室

触手がシュール過ぎて面白いがな。しかし殺せんせーは真面目に何が狙いで進学教室の落ちこぼれクラスの担任を請け負うことになったのだろうか?

自分は殺せんせーはやはり地球の何処かで生まれた人工生物あたりをよそうしているが・・・・案外渚たちの学校の地下辺りにそういう実験施設でもあるのかもしれない。

黒子のバスケ

ヒャッハー!さすが灰崎。性格悪いな~。だが最後の最後で黄瀬がオーバーワークと言うところが無ければ確実に負けフラグぜよ。というか負け確定だぜい。

まぁ、黄瀬もああいうタイプ苦手と言うよりそもそもバスケ始めてからはバスケ一筋らしいし黄瀬の言うような人物ならぶっちゃけNTRでもダメージ少ないどころかむしろ開放感がある気がする。しかし黄瀬のああいう女には疲れているのかななかなかに酷い言葉だ。まぁ、小説とかで見るに相当囲まれているから仕方ないかもね。

しかしこのまま灰崎側が勝っても黄瀬側が勝っても陽泉ほどやばそうでもないな。もう一人灰崎側にキセキレベルか誰かいればいいのだが。

REBORN

こちらから攻めるとしてもどうやって攻める気なのだろうか?しかしなかなかに王道だ。雲雀は寝たふりして明らかに起きているよなこれ。

とまぁチェッカーフェイス的にはバミューダをそんなに警戒していないどころかむしろ”夜の炎”の開発者として気に入っているようだ。なかなかにやばい相手だな。

BLEACH

まさかここでキルゲさんが生きていて足止めが成功するとはしかもこれ浦原さんにも命中しているということも結構やばい状態なのかもな。

そして今回は血装やらいろいろと説明。エス・ノトが攻撃を防いでいたのも血装らしいが完成するまでに結構犠牲はらってそうな能力だな。攻撃用の血装ってどんなんだろうか?
[PR]
by humat | 2012-07-08 22:18 | ジャンプ感想