週刊少年ジャンプ 2012年 33号 感想
今日は月曜日が海の日で祝日なので土曜日発売なのらな。




NARUTO

何やかんやで木の葉を憎んでいてもイタチがあそこまで木の葉の為に尽くしたからなのか知るという態度には何かすげぇ成長を感じるな。大蛇丸もカブトのチャクラは奪わなかったし大蛇丸側にも何か変化が起こったのかもしれない。

ONE PIECE

シーザーのガスガスの実は気体を一定範囲内で操るチートだったでござる。つか普通にやべぇ能力だなおい。科学者というところも厄介さを引き立てているな。

そしてシーザーが新世界の様々な仲買人に映像を送っているところを見るに自分の作った毒ガスを売り捌いて世界中で活躍させて自分が世界一の科学者であることを証明するということなのかな?それを見ている者の中にはペコムズ、タマゴ男爵、ホーキンス、キッドなど面白い顔ぶれだな。キッドの知っておいて損は無いというのはなかなかに明確な判断だな。

そして本当のショーはルフィらがシーザー達をフルボッコして実力の上昇具合を見届ける面白い展開になりそうだと思った矢先にまさかの次週休載だとッ!!もどかしいぜ

トリコ

ここで膳王という新キャラ登場。まぁ、名前自体はジョージョーが優れた料理人の名を羅列している時に出たやつの一人だがこういう風にそのようなキャラが出るのはなかなかに感慨深いものがあるな。そして四獣が出るというけど全然驚かずかつ逃げる必要のないほどの実力を持っているようだけど案外今の四天王よりも強い可能性があるのかね?

そしてゼブラは相変わらず我を行くな。おかわり全部喰ったり会長の二つの助言を切ったりダルマホースでグルメタウン壊しそうになってそうだし元気そうでなにより。しかしその助言二つの内容は何だったのか気になるな。

黒子のバスケ

灰崎が勝つと思っていたがあっさり負けてしまったよ。これでオーバーワークが何とかなれば黄瀬が物凄い強い相手として君臨してくれそうだがどうなることやら。

まぁ、灰崎が負けたことにはいくら才能あっても黄瀬のようにプライドとかでやっててバスケを何とも思わないところが大きかったのかもしれないな。純粋な才能は灰崎のほうがりそうだがやはりここぞというところではバスケへの思いの強さが勝利を手繰り寄せるか。

BLEACH

結局はキルゲに閉じ込められてソウルソサエティに救援に向かえなかった一護。なかなかに電話越しに壮絶なものを聞いておるな。というかあのでかいの(名前どう書くのかな?)が技術開発局を襲ったているところに後ろに誰かいるっぽいがそいつに操られているっぽいがこれまたエグイ能力だな。

そしてキルゲに不意打ちでととどめ刺したのはグリムジョー辺りなのだろうけど浦原には何故に刃を向けるのかな?というかクリムジョーの刀ってあんな感じだったけか?

続きはまた明日辺りにやるかもしれない
[PR]
by humat | 2012-07-14 23:27 | ジャンプ感想